コミュ障夫婦が戸建てで子育て

『中年を自覚したくない病』の夫婦が、小さな新興住宅地で、幼児と赤子と暮らしています。趣味は音楽と読書な夫と、ミュージカルが観たい妻。周りを気にし過ぎてしまうあまり、周りは気にせず楽しく暮らす!と躍起になる妻と、わりと色々協力的な夫の日々。最近はニュース戯言多め。

このブログについて

なぜコミュ障夫婦は新興住宅地を選んだか【新たなしがらみ】(後編)

kodate-kosodate.hatenablog.com 「なぜコミュ障夫婦は新興住宅地を選んだか(前編)」の続きです。 実際に新興住宅地にあったもの…陣取り合戦!? 新たなしがらみを作りたがる人 「子どものため」という呪縛 そしてブログ開設へ… 実際に新興住宅地にあった…

なぜコミュ障夫婦は新興住宅地を選んだか【想像と現実】(前編)

先日、「ご近所からハロウィンに誘われてソワソワした話」を書いたところ、 途中で、「なぜ我が家が新興住宅地を選んだか」、ひいては「ブログ開設のきっかけ」にまで話が及び、膨大な長さになってしまいました…。 kodate-kosodate.hatenablog.com 長すぎて…

はじめに

タイトルのとおり、 数年前に一戸建てに引っ越してから、子育てが始まってから、これまでにない種類のお付き合いに戸惑うことが増え、元々、夫婦そろって大した社交性もないため、 「これが例のアレか…」「ついに来たか…」「落ち着け」 震えながら、世間様に…