コミュ障夫婦が戸建てで子育て

『中年を自覚したくない病』の夫婦が、小さな新興住宅地で、幼児と赤子と暮らしています。趣味は音楽と読書な夫と、ミュージカルが観たい妻。周りを気にし過ぎてしまうあまり、周りは気にせず楽しく暮らす!と躍起になる妻と、わりと色々協力的な夫の日々。最近はニュース戯言多め。

【プリキュア】「ぼん ぼん おしり♪」と歌いながら幼児のお尻をたたいたら【ミスタードーナツ】

kodate-kosodate.hatenablog.com

 

「ぼん ぼん ぼぼん ぼん ぼん♪」


幼稚園児のきなこちゃんが最近やたらと歌っている一節が「プリキュア」のオープニングソングだと分かり、夫がひそかに喜んでいます。

 

でも夫は歌詞を覚えず、「ぼん」だけで歌い抜こうとするので、きなこちゃんはそのたびに、

 

「ちーがーうーでーしょー!」

 

と強い口調で諌めてきます。そして、

 

「ボンボン セシボン イェイ! キラキラル ウイスタート スイーツ・タイム シュークレーム ジュレ どれ どれも キラキラ☆プリキュアアラモォドォ♪」

 

と、ちょっと引くぐらいの高速再生で、歌いなおしてくれます。

 

 

ただただ間違いを正しているのか、それとも、自分の好きな歌を汚されたことが不満なのか。

理由は分かりませんが、そのたびに夫婦で「元厚生官僚で、先日の総選挙で落選した豊田さんみたいだ」と笑い合っています。

「ちーがーうーだーろー」「このはげー」で一世を風靡した豊田真由子さん。

 

 

一方で、妻がきなこちゃんをつかまえて、ボフボフとお尻をたたきながら、

 

「ぼん ぼん おしり~♪」

 

と歌うと、きなこちゃんは「もっとやって~」と喜びます。

きゃはきゃは言いながら喜んでいて、予想以上のリアクションに驚いています。

 

子どもって本当に面白いですね。

 

 

ところで、プリキュアアラモードには、キュアショコラという、ボーイッシュでカッコいい路線のキャラクターがいるんですね。変身シーンも大階段だし、宝塚を意識しているようですね。

最初に見たとき、幼児向けのアニメで宝塚風なんて、へぇーと思いました。

女の子が女の子に人気なんて、小さな女の子にわかるのかなぁ、と。

ある時、きなこちゃんに「キュアショコラにはならないの?」と聞いてみました。

きなこちゃんは、「あきらさん(キュアショコラ)は、おとこのこでしょ。わたしはならないよ」。

 

やっぱり、ちょっと間違って認識していました。

あきらさんは、全国の幼稚園児の人気をどの程度獲得しているのでしょうか。気になります。

(ちなみに、ミュージカル好きな妻は、あきらさんファンです。)

 

 

プリキュア大好ききなこちゃんは「ミスタードーナツ」も大好きです。

そんなプリキュアミスドがコラボしたというのですから、我が家も早速行ってきました。

 

キッズおやつセット(390円)を注文し、きなこちゃんはドーナツポップ(Sサイズ)とオレンジジュースにご満悦でした。

ドーナツホップは8個入りで、夫とシェアしても十分な量です。

特典でもらえるミニポーチはピンク色の「キュアホイップ」を選びました。

 

f:id:kodate-kosodate:20171126093301j:plain

 

ミニポーチの使い方というと、これまたきなこちゃん大好きなお絵かきに使う道具を入れています。今日はハサミとスティックのりを入れていました。

 

ドーナツにジュースにおもちゃ。これで390円。幼稚園児大喜び。

コスパが良すぎて、東映アニメーションダスキンには足を向けて眠れません。

 

 

そんなこんなしていたら、今朝も「プリキュア」の放送が終わりました。

きなこちゃんは「(水色の)キュアパルフェのポーチもほしい」と言いました。

夫婦でスルーしました。